どうしようもないバグを見つけたので報告解説

こんにちは。

実用性のないバグを見つけました。その報告記事となります。

とてもかんたんに再現出来るバグなので、おそらく既出かとは思いますが、この季節ならではの使い方もございますので、今一度まとめなおしてみようという心持ちです。ならではの使い方については後述いたします。

この日記は、

バグの紹介

バグ発見までの経緯

発動方法再現性

注意事項

使い方

の順に展開されていきます。

まずはバグのご紹介から。

ご覧ください。サイリウムを投げ捨てることが出来るバグです。

どうしようもないですね。ですがまぁ、結構変な使い方も出来るんですよ。

いいから使い方だけ教えろ!役に立ちそうなら続きも読んでやる!というかたは下の方までスクロールしていただいて構いません。ここからは実際やってみよう!って人以外には不要な部分です。

さて、バグ発見までの経緯についてですが、現在偽カブトムシイベントが開催中ですね。どうやらカブトムシへ変身できるカードが貰えるとか。

ちょっと欲しくてですね。フレンドさんに放置ばっかりのおまえにぴったりなスポットがあるぞ!と放置をルーチンに組み込んだ画期的な虫取り場をお教えいただきました。

複数人で行って適当に駄弁りながら虫取りをしていたのですが、時間が夜ということもあり虫の視認性が非常に悪い。そんな時に、近くのトレボからサイリウムを買って来た方が一名。

こうすると夜でも虫がよく見えるんだ

なるほど、確かによく見える。虫が幹の暗い部分に止まっていたとしても、虫だけがやけに浮かび上がる。彼は得意げな様子で私達にもサイリウムを配って回りました。折ってと。

それから、私たちはいくらか虫を取りました。この右手に虫取り網とサイリウムを持っているという歪な状態で。

するとどうでしょう、そこにいた2人が口にサイリウムが落ちているというのです。私の画面には何も無いのに。

以上が発見までの経緯になります。

おそらくこのサイリウム投げ捨てバグの原因はこの歪な状態がトリガーであると思います。こちらも再現性の項にて後述しますが、虫取り以外でも再現が可能です。

上の2枚のSSを見比べてほしいのですが、獲得演出前は確かに持っていたはずのサイリウムを虫を掲げている瞬間だけ持っていないんですよね。

考えてみれば、時間メガネがあったら見つからないバグだったかもしれませんね。

それではこのバグの発動方法について解説していきます。

と言っても3行もあれば終わります。発動条件は2つです。

1虫取り網や釣り竿などの道具を持った状態でサイリウムを折る。

2(1)の状態を保ったまま、何らかのアクションを起こす虫や魚の獲得演出など。

これだけです。一連の動作を終えたあと、虫取りなら地面に、釣りなら空中にサイリウムが残ります。

そう。釣りなら空中にサイリウムが残るんです。

つまり、動作が終わった瞬間の右手の位置にサイリウムが残ることになります。

こぼれ話ですが、虫取り網や釣り竿は両手持ちの道具です。片手持ちのアニチ付きアクセサリーやじょうろでも再現性があるかどうかは未検証ですサイリウムが尽きたため。それに、このバグは他人の画面でのみ発動するバグなので、1人じゃ検証できないんですよね。虫取りについてきてくれたお二方はこのバグの発見でひとしきり騒いだあとにお眠りになりました。日が変わってましたからね、しょうがないね。

さて、注意事項ですが。とりあえずいくつか。

以下投げ捨てられたサイリウムのことを残像と表現します。おそらくこちらのほうが正しい。

このバグは他人の画面でのみ発生する。自分の画面には一切変化がない。

1人につき1個しか残像を残すことが出来ない。

発動者が新たなサイリウムを折ると残像は消える。

発動者が帰宅をしても残像は消える。

発動者のマイキャラが読み込まれていた人の画面にしか残像は残らない。

バグ発生トリガーの都合上、魚や虫がいる場所でしかバグを発生させられない。

一応バグなのでこれを利用してBANされたとか言われても責任は負いかねます。

しれっと最後にいちばん大事なものを混ぜ込みましたが、こんな感じですね。こんな程度で怒られるとは思いませんが、書いておかないと後大変なことになっても嫌なので。

それでは使い方です。スクロールした人たちはこのへんで止めてください。

ひとつめ。

木の根元にサイリウムを設置して、夜間の虫の視認性を上げる。

これについては、残像を設置した人に帰宅せず徒歩で帰っていただかないといけないのが難点ですね。たぶん変身してもバイク乗っても消えます。

ふたつめ。こちらが本命。

心霊写真に使えそう。

今最高の夏写真なんちゃらやってるじゃないですか。あれに使えそうじゃないですか?

釣りができる場所でなら外に光源を浮かせられるわけですから、鬼火の代わりになります。海や湖の底に光源を沈めれば、宝探しごっこを演出出来るかもしれない。

もしかしたらサイリウム以外でも残像を残せるかも。方法次第で可能性は無限大ですね。

そんな感じです。私の貧弱な頭ではこれ以上の利用法を考えることは出来ませんでした。なんならふたつめも私の発案ではありません。

この辺で記事を締めようと思います。益体の無いバグの紹介記事でしたが、いかがだったでしょうか。皆様の憂鬱な午後の暇つぶしになれば幸いです。よろしければご活用ください。

ところで、この記事を書きながら私は虫取りをしていたのですが、

案の定カブトムシは化けませんでした。20匹くらい捕まえたんですけどね。そんなにかんたんじゃねえぞMeet-meはってことですかね。がんばります。変身カード、ほしいなぁ。

カブトムシくんはバトルカードの素材にしたいと言っていたフレンドのポストに全部ねじ込んでやろうと思います。次ログインしたらポストに中に20匹以上のカブトムシがうじゃうじゃしてるんだ、驚くだろうなぁ。

それではまた。